妊娠しやすいカラダを作ろう① ◇ 体重編 ◇

妊活って何から始めれば良いか悩みますよね。結婚後、「よし!子供を作ろう」って思ってタイミングとり始めて、比較的すぐに妊娠する人も入れば、なかなか妊娠できず思い悩んでしまう方もいます。こんなに科学が発展して月へ行ったり、AIが活躍している今でも、人間のカラダはまだまだ不思議がいっぱい。妊娠もその一つで、さまざまな要因がピタッとうまくいったときに起きる”奇跡”なのです。

今、妊娠したい方も、これから妊娠を考えていこうと思っている方も、自分のカラダの状態を意識し、より妊娠しやすいカラダ作りを始めてみませんか?

そして、妊娠がゴールではありません。妊娠した後は、お腹の中で赤ちゃんを育て、そして出産後は大変な子育てがまっています。安心して赤ちゃんを迎え、育てていけるようにするためにも、カラダを整えることから始めましょう!

妊娠しやすい体とは

では、具体的に妊娠しやすい体!って、どんなカラダなのでしょうか?

  • 運動    適度に運動しましょう
  • 食事    バランスの良い食事を取りましょう
  • ストレス  ストレスの対処をしていきましょう
  • 冷え性   全体の血流を改善しましょう
  • 嗜好品   タバコはNG。お酒・カフェインは控えましょう

などがよくいわれています。 もちろん、妊娠するにあたり、健康な身体作りが基本です。

残念ながら、「この基準に満たしていたら妊娠できます」といった基準はありません。ただし、今までのさまざまな研究の結果として、この状態よりかはこの状態の方が、妊娠している率が高い(=妊娠しやすい)ですよと言ったデータがあるのです。

その重要な目安になる指標はBMIです。

BMIとは

BMIの復習

BMI(Body Mass Index )は、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。

BMI = 体重(kg)÷ 身長(m)2

肥満の判定基準は国によりますが、日本肥満学会の判定基準では、

BMI値判定
18.5未満低体重(痩せ型)
18.5〜25未満普通体重
25〜30未満肥満(1度)
30〜35未満肥満(2度)
35〜40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)

となっています。日本肥満学会によると、BMIが22を適正体重(標準体重)としており、β統計的にも最も病気になりにくい体重とされ、25以上を肥満、18.5未満を低体重と分類しています。

BMIと妊孕性(妊娠のしやすさ)

女性のBMIの値と、妊娠に至るまでの時間(TTP)との関係を探る研究では、どの論文でも共通して言われていることは、以下のような結果です。

標準体重18.5〜22.9TTPが一番短い
低体重18.5以下TTPがやや延長
やや肥満23.0〜27.5TTPが延長
肥満27.5以上TTPがさらに延長
参考:Female adiposity and time-to-pregnancy: a multienthnic prospective cohort
Human Reproduction, Volume 33, Issue 11, November 2018, Pages 2141–2149,
https://academic.oup.com/humrep/article/33/11/2141/5115481

簡単にいうと、BMIの値が、18.5〜23.9の人が一番妊娠しやすく、低体重、やや肥満、肥満の順に妊娠しにくくなるという結果です。また、妊娠のしやすさだけではなく、早産・流産などのリスクも上昇してきてしまうのです。

脂肪とホルモンの関係

ご存じの通り、体重が増加すると脂肪も増加します。

この脂肪組織では女性ホルモンである卵胞ホルモンが作られます。ということは、脂肪組織が多すぎると、卵胞ホルモンが過剰となりホルモンのバランスが崩れてしまうし、脂肪そしきが少なければ、逆に卵胞ホルモンが少なく、ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

ホルモンバランスのくずれてしまうと、月経周期の乱れてしまい妊娠の確率を低下させてしまうのです。

痩せすぎによる影響(の可能性)

  • 女性ホルモンの分泌量が少なくなる

太り過ぎによる影響(の可能性)

ホルモンバランスの崩れにより

  • 月経周期の乱れ
  • 排卵障害
  • 黄体機能不全
  • 脂肪に蓄積される環境ホルモン(毒素)などの影響

ちなみに、過体重の問題は女性だけではなく、男性もBMI25以上で精子の質が低下するそうですよ。

標準体重を目指しましょう

BMIの数値が低い場合や高い場合は、まずは食事の改善によって健康的な体重を目指しましょう。

いきなりの激しい食事制限や過度な運動は禁物です。その場合、さらにホルモンバランスの異常をひきおこし、そしてストレスの原因となりより妊娠から遠ざかってしまいます。

自分だけで体重管理を行っていくのが難しいと感じる方は、ぜひご相談ください。 栄養指導や運動指導を通して、健康的な体重を目指すためのお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちらまで

気になる症状・お悩みがある方
\お問合せ・ご相談はお気軽にこちらまで/