妊娠しやすいカラダを作ろう⑥ー栄養編(その4:鉄 – 卵子の質・子宮内膜の質UP)

妊活・不妊治療をスタートしたまたは力を入れているみなさん!

鉄分不足してませんか?
鉄分は足りてますか?

「鉄」は足りていますか?「鉄」は卵子の質をあげたり、着床前の子宮環境を整えるのにとても重要なミネラルです。私は「貧血」って言われたことがないから大丈夫!と思っている方、20-40代女性の約65%が「貧血」もしくは「かくれ貧血」(※1)なのです。必要な量の「鉄」をしっかり補って、妊娠しやすい身体を作っていきましょう!

参考:働く女性応援サイト

先日、分子栄養学を学び始めてから所属している「臨床分子栄養医学研究会」の実践講座に参加しました。毎回、とっても勉強になるのですが、今回は妊活に関係あるテーマだったので、自分の復習もかねてブログに残しておきたいと思います!

今回の勉強会の内容は、臨床分子栄養学研究会認定医でもある新百合ヶ丘総合病院消化器内科/予防医学センターの袴田先生による発表で、「「分子栄養学」で日本の少子化を変える!」という素晴らしテーマでした。

分子栄養学のセミナーを受けました

内容がとっても充実していて、1回では書ききれないので、複数回に分けて書いていく予定です。

そして、今日のテーマは「鉄」。

妊活には「鉄」が重要だった

体内の鉄は60-70%がヘモグロビン(血液の成分である赤血球に含まれるタンパク質)として、残り20-30%はフェリチン(貯蔵鉄)という形で、身体のなかにストックされています。女性の場合、月経による出血などで定期的に、出血をすることで鉄が失われると、貯金してあったフェリチンの鉄を消費してきます。失われた分の鉄がしっかり補充されていない状態が続くと、ヘモグロビンの値は正常でも、フェリチンの値が低い(貯金が少ない状態)「隠れ貧血」という状態になります。

その結果

  • 卵子の質の低下
  • 頸管粘液量の低下
  • 子宮内膜の質・厚さの低下

が起こってきてしまうのです。

鉄はなぜ大事なのか?

学校の授業で習うのは「鉄」の主な役割は、赤血球を構成するヘモグロビンの中で酸素と手を取り合って身体中を巡り、必要な場所に酸素を運ぶことです。

鉄の役割:酸素を運搬

でも実は、鉄の役割はそれだけではありません。

エネルギーを作るには「鉄」が必要

以前、分子栄養学について少し説明したブログで、細胞内のエネルギー産生工場となっているミトコンドリアの話題のところでも少し触れているのですが、エネルギー産生工場では、「鉄」は工場を回していくための大事な要素です。鉄がないと工場はうまくエネルギーを作れないということになります。

ミトコンドリは細胞内のエネルギー工場
ミトコンドリは細胞内の
エネルギー工場

それぞれの細胞は、細胞が機能を果たすために必要なミトコンドリア数を保持しています。

ここで注目したいのが、卵子が保有するミトコンドリアの数です。以下のように卵子は他の細胞以上にミトコンドリア保有し、このミトコンドリアが作り出すエネルギーを使って、「卵子成熟」〜「受精」〜「胚発育」〜「着床」〜「胎児成長」までおこなっていきます。

細胞個数
卵子10万個以上
通常の細胞100〜2000個
精子10-20個
細胞別保有ミトコンドリアの数の比較

ここで、わかるように、鉄分不足によってエネルギーが作り出せないということは、卵子の質が低下してしまい、妊娠さらには出産まで辿り着くのが難しくなってしまうという訳です。

また、ミトコンドリアが豊富な子宮頸管内膜上皮からは、しっかり頸管粘膜の分泌が増加し、精子が子宮へ侵入しやすくなります。

「コラーゲン」の材料

「コラーゲン」 = タンパク質 + 鉄(Fe)+ ビタミンC

コラーゲンは、タンパク質でできていて、合成に鉄とビタミンCが必要となります。コラーゲンは、お肌にハリを与えてくれる成分として有名ですが、皮膚だけでなく、髪や目、筋肉、血管壁、骨など、身体の組織のあらゆる部位に含まれいる、身体を作る上で欠かせない繊維性のタンパク質です。

コラーゲンはお肌のハリに関係
コラーゲンは大切

そして、コラーゲンが豊富ににあると、受精卵が着床しやすくそして胎盤形成しやすい上質な子宮内膜を作ることができると言われています。

残念ながら、現在の不妊治療では、なかなか子宮内膜を厚くする手段がありません。反対に、クロミッドなどの排卵誘発剤を使うと子宮内膜が薄くなってしまうこともあります。が、なんと栄養状態を良くすることだけで、子宮内膜がフカフカをすることができるのです!!

あなたの「鉄分」大丈夫?

厚生労働省の国民健康栄養調査によると、推奨されている鉄の摂取量と実際に摂取している量を比較すると、必要量の6割ほどしか摂取できていないそうです。(参考:働く女性応援サイト

鉄が不足していることは知っていましたか?

健康診断で「貧血」の指標となるのは「ヘモグロビン」(12以下)の値です。しかし、残念ながら、これだけでは、「かくれ貧血」の人たちを発見することができません。

「かくれ貧血」を発見する指標となるのは、あなたの身体に出ている「鉄不足」の症状と、人間ドッグやちょっと詳細な血液検査を行った時に検査結果として出てくる「フェリチン」の値です。

「鉄」不足で出てくる症状

まずは、自分でチェックできる症状から。。。

身体の症状に関してはまずは、以下の「鉄不足」の症状チェックのシートでチェックしてみてください。

チェックシートにある症状は意外と多くの人に当てはまるのではないでしょうか?
そうなんです。あなたが悩んでいるその不調、実は栄養をしっかり摂ることが改善することができるかもしれませんよ。

健康診断では貧血はわからない!?

上記にも書いた通り、通常の健康診断でわかるヘモグロビンの値だけでは、「貧血」かどうかがわかりません。そこで、指標となる数値が「フェリチン」です。

以前に人間ドックで検査されたことがある方は、引っ張り出してチェックしてみてくださいね。

参考までに・・厚生労働省のデータがこちら。

日本人女性おの年代別のフェリチン値(20-49歳、N=822)(※妊婦、貧血治療のための薬服用者除外)

フェリチン値(ng/ml)20-29歳30-39歳40-49歳
5未満14.6%17.1%18.4%
5-1013.9%15.0%16.5%
10-3038.6%45.2%36.3%
30-5020.4%14.6%14.7%
50以上12.4%8.0%13.9%
出典:厚生労働省「平成21年国民健康・栄養調査」報告書より

なぜか平成21年以降は、厚生労働省はフェリチンの値を統計から抜いてしまったようで、これ以上最新のデータを見つけることができませんでした。

ちなみに、アメリカでは、フェリチンの値が50ng/ml以下だと、不妊治療はできません。それだけ、受精〜着床〜出産のために、鉄は重要だと考えられているからです。

フェリチンが低いと不妊治療すらできません

日本でも、同じような基準があると、もう少し妊娠率が上がったりして。。と、思ったりしちゃいますよねー。

女性の一生に「鉄」はこんなに大事!

鉄不足の危機は妊婦だけにとどまりません。

乳児期:需要がそもそも高い、さらに、母体や母乳がすでに鉄不足
思春期:成長期に伴い需要が高まり、また、生理が開始することで鉄が失われます。
更年期:子宮筋腫増大による過多月経、ストレス

鉄が不足してしまうと、先ほどチェックシートに出したこちらの症状などが出てきてしまいます。

鉄不足を改善しよう

妊活には「鉄」が重要ということがわかったところで、ではどうやって鉄不足を改善するか!

鉄不足を改善しよう

まずは食事で改善

やはり栄養の基本は食事です。少し食事に気を遣ってみましょう!

鉄が多く含まれるものの例

  • 肉・魚に含まれる鉄 : 赤み肉・カツオ・レバー・貝類
  • 野菜・豆・穀物・海藻などに含まれる鉄:がんもどき・ココア・豆乳・小松菜(ゆで)
鉄分の多い食品例

<注意ポイント>

  • ビタミンCと一緒に摂取しよう
    ビタミンCを鉄と一緒に摂取することで、鉄の吸収率がUPします!
    お肉やお魚、貝類などをレモン汁をかけて食べたり、ビタミンCたっぷりのブロッコリーやパプリカなどを一緒に摂るのもGood!
ビタミンCと一緒に鉄分を
  • タンニンを含む飲料は控えめに
    コーヒーや緑茶に含まれる「タンニン」という成分は、鉄の吸収を抑えてしまいます。食事の時はお水や麦茶といったタンニンの含まれていない飲み物を選びましょう!

こんな小物も活躍

料理道具もポイントです。

  • 南部鉄器
  • 鉄玉子
  • スキレット

以上のような料理器具を用いることで、簡単に鉄分を補えたりします!

サプリメントやお薬

自分で無理ならサプリメントの助けをかりたり、お医者さんが処方してくれる鉄剤を服用するのも一つです。

ただし、鉄剤は体調にあった飲み方をしないと、かえって体調不良になってしまう可能性も!
鉄剤を服用する場合は、自分の判断で飲み始めるのではなく、必ず専門家に相談しましょう。

上手にサプリを使いましょう

鍼灸治療と鉄分不足

流石に鍼灸治療で、「鉄分」を補うことはできません。

ここがポイント

ただし、副交感神経を刺激して胃腸機能を高めることで、必要な栄養素をしっかり吸収できるようになります。

栄養素を身体でうまく使っていくためには、
① 栄養を「摂取」して
② 栄養の消化・吸収する
の両方がきちんとできていなければいけません。

鍼灸治療

適切な食事で栄養を摂取し身体を内側から整えるとともに、鍼灸治療で身体の外側から刺激を行うことで身体を整えることの相乗効果により、より早い体調改善が見込まれるというわけです!

妊活中でもしかしたら私も鉄分不足かな?と気になる方、どうしたら鉄分不足が改善できるか知りたい方は、こちらまでお問い合わせください。⬇︎⬇︎

お問い合わせはこちらまで

気になる症状・お悩みがある方
\お問合せ・ご相談はお気軽にこちらまで/